徒然に綴る近況ノート


by waki_t

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

2012年GW ウエスティン..
at 2012-05-27 10:00
2012年GWマウイ島にいっ..
at 2012-05-26 00:50
マリオット・コオリナビーチク..
at 2011-12-16 00:33
クリスマスツリー
at 2011-12-07 18:22
幼稚園の作品展
at 2011-11-13 17:36

検索

以前の記事

2012年 05月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 01月
2009年 12月
more...

カテゴリ

全体
ようこそ!(自己紹介)
旅行
料理
食べ物
レストラン
韓国語
東京ヤクルト
映画・テレビ
日常生活
体を動かす
浜松
スパ&スキンケア
こども
その他
出産準備
投資
MINI
未分類

タグ

フォロー中のブログ

春風 吹いたら ~韓国語...
隣の国の言葉にこがれて

カテゴリ:東京ヤクルト( 12 )

祝優勝「タンパベイ・レイズ」アメリカンリーグ初制覇

個人的には「岩村君、おめでとう」である。

彼は入団当初は「守備が下手」という事で二軍で相当厳しい時代があったのを知っている。
良いものはもっていたのだが、1軍にはショートからサードに廻った池山もいるという時代だから、そうそう簡単には1軍にはこれなかった。

たいしたもんだ、と思ったのは、去年までのサードから今年はセカンドにコンバートされたにも関わらず、寧ろセカンドで守備がよくなったように見えるところ。オフシーズンに相当練習したなという事は判る。

シーズン中の優勝時にファンの居る観客席に岩村君が飛び込んでいったんだけれど、これは、ヤクルト時代ゆずりだろう。

1995年の優勝のときにライト外野席で観戦していたけれど、続々選手たちがやってきて、フェンスに登ってきたのが懐かしい。(あれ以来、スワローズの優勝時はそれが毎回行われることになった)

という事で、ワールドシリーズもぜひがんばって欲しい。お金の無い若い球団だけに、是非頑張って欲しいものです。
[PR]
by waki_t | 2008-10-20 21:47 | 東京ヤクルト

もともとこういうチームだったのだ。

出だし絶好調のヤクルト。

選手はかなり入れ替えがあったが、もともと、こういうチームカラーだったんだな、と思い出した。飯田哲也・・・・がコーチになっていたのをみて隔世の感ありましたが(笑)
[PR]
by waki_t | 2008-03-31 22:02 | 東京ヤクルト

神宮球場が改装 されているのをご存知ですか?

甲子園の内野スタンド更新しかTVの報道ニュースに登場しませんが、神宮球場も改装されています。

●全面フルカラー型電光(LED)掲示板
●両翼が101mに(40年前の神宮の広さにこれで戻った)
●天然芝に近い長めの人工芝に

などです。特に両翼101mというのは大きい。神宮の両翼にはよく「ラッキーホームラン」が多かったのですが、これからはこう行かない。左中間、右中間はもともと深い球場でしたし、伝統的に「飛ばないボール」を使っているので、HRの数は減りそうです。
来年は広島も新球場になるので、そのころにはおそらく「東京ドームが一番狭い」という事になるかもしれません。
[PR]
by waki_t | 2008-03-18 21:52 | 東京ヤクルト

セ・リーグを引き離すかもしれない”パ・リーグ”

http://sports.nikkei.co.jp/flash_k.cfm?news_id=102624

パシフィック・リーグ・マネジメントというパリーグの共同事業会社が
6球団のホームページの一括管理や、動画サイトなどの運営を手がけるという。

リーグとしてスポーツ・ビジネスを展開していくスタートでしょうね。今後恐らく地上波も含めた放映権の管理などもやっていくようになるでしょうね。

こういう部分のビジネスはバラバラにやるより一括でやった方が商品価値も上がり、運営コストが下げられる、というメリットがある。チームの個性は個々の球団会社で作り上げ、チームVSチームの対戦としての商品価値は、つまりリーグ運営による価値創造はリーグ共同でという考え。

一方セリーグといえば・・・いまや横浜やヤクルトは巨人への選手供出球団に、広島は阪神への選手供出球団に・・・、かろうじて独立性を保つ中日、、、という様相。特に関東3球団はファンが減っている状況で、今後大変厳しいのではないか。読売球団も阪神球団も、実は選手保有コストがどんどん上がっていって、それはそれで大変なのではないか。

10年後には、パリーグが8球団くらいになっていて、セリーグは衰退しているかもしれない。
[PR]
by waki_t | 2008-01-24 23:00 | 東京ヤクルト

もっと選手を大事にして欲しいよね。

高津選手・・・戦力外通告だそうです。

自分で引け際を選択できるレベルの選手であるだけに、これは大変に寂しい事です。
できればきちんとトレードという形で、次の球団くらいは探す誠意を球団は見せて欲しいと思います。
[PR]
by waki_t | 2007-10-11 21:56 | 東京ヤクルト

古田引退

私にとっては一時代終わったなぁ・・・・という感じです。
自分自身の仕事生活も折り返し点を越えようとしているところでもあり万感の思いがあります。

残念なのは、うっかりスカパーを解約してしまっていたこと。
引退試合を見ることができませんでした。

背番号「27」は是非、永久欠番にしてもらいたいと思います。

(若松さんの「1」が永久欠番になかなったので、球団側は難色を示しているようですが、
 「1」も今は、空きなので、一緒に欠番にしたらよいです。)
[PR]
by waki_t | 2007-10-08 13:05 | 東京ヤクルト

古田引退

古田引退。

長く活躍したプロ野球選手を入団から退団までみたのは、ひょっとすると初めてかもしれない。

東京にきてから「東京の地元チームだから」という結構テキトーな理由でスワローズのファンになったんだけど(私の地元にはプロ野球チームがないので)、ちゃんと見るようになったのは90年くらいからかな。

監督としては早すぎた。ここは選手としての古田捕手に敬意を表したい。

野球の監督、というより、コミッショナー向きだ、彼は。
[PR]
by waki_t | 2007-09-20 22:02 | 東京ヤクルト

野球 みなくなったなぁ・・・・・

ヤクルトスワローズのファンである。

それにしても”とほほ”である。 81年からファンをやっているけども、野村監督時代に美味しい味を知ってしまったせいか 最近は、あまりに情けなくて、ほとんどみてない。
(子ども相手で時間がないというのもあるけれど)

そこでスカパーもやめることにしました。

が、、、しかし。ニッカンスポーツの”個人打撃成績”をみて驚き

打率順

1.ラミレス(ヤ) .348
2.青木(ヤ)   .342
3.谷(巨)     .328
4.宮本(ヤ)   .322

はぁ~ ?? である。

チーム成績

      4位横浜     5位ヤクルト
勝率    .495     .414
差      <-9ゲーム差->
得点    435       475
失点    483       488
HR      90       109
盗塁     24        51
打率    .271      .271  
防御率   4.11     4.11 

はぁ~? である。そんなに違わないのに、9ゲーム差。

要は”野球がヘタクソなのだ”

今までは試合巧者で勝っていたんだが、野村監督の遺産はついに消えうせたという事でしょう。

楽天の試合ぶりを見ると・・・・なんとなく懐かしい。ああいう方がよい。

古田の引退試合を見に行くか、、、、、悩みどころである。
やっぱり監督引き受けたのは間違いだったよなぁ・・・・
[PR]
by waki_t | 2007-08-31 23:39 | 東京ヤクルト

土橋・山部・飯田 引退

ヤクルト(及び出身者)の引退が相次ぐ。

[土橋選手]

最初は「左ごろし」と言われ、左ピッチャー用の先発・代打として。だんだん右投手でも使われるようになり、セカンドとレフト兼任の監督が使い易いユーティリティプレーヤーに。
95年には、この地味な男が「3番」を打っていた。相手チームから「嫌な選手」として恐れられた。変化球(特にフォークボール)を打つのが上手く(恐らく投手の癖を読むのも上手い)大魔神からヒットが打てるとしたら彼であった。
その証拠にテレビ神奈川の「ベイスターズナイター」のアナウンサーは土橋が出るたびに「この人は要注意です、凄いんです」を繰り返していた。
あと、昔は眼鏡をしていて、バットの握りのあたりにテープをぐるぐる巻きにして二つ目のグリップエンドもどきを作っていたのを思い出す。 ご苦労様。

[山部投手]

左投手。90年代前半、石井一久と左の先発の2枚看板だった事もある。優勝の原動力にもなった山部の方は故障もあり、その後中継ぎで地味にプレー。でも先発で活躍している頃を知っているので、その地味さを見ながら「この持ち場で頑張るのは頭の切り替えが無いとキツイよな」と会社員の立場では思っていた。 ご苦労様。

[飯田選手]

90年代のヤクルトのセンターといえば、飯田の指定席だった。守備範囲が広いのでセンターにボールがあがると100%アウトであった。足も速いんで結構スリリングなプレーが多かった。特に、93年の西武ライオンズとの日本シリーズ第四戦で、センターからのバックホーム返球でセカンドからのランナーを刺したのが、シリーズ優勝を決めたともいえるビッグプレーを披露した。

日米野球の走塁で怪我をした後、精彩に欠く様にはなり、2年前に楽天に移籍したが、立派なヤクルトOBである。ご苦労様。
[PR]
by waki_t | 2006-10-12 12:40 | 東京ヤクルト

春の神宮球場へ:東京ヤクルトVS阪神

4月1日(土)

東京ヤクルトスワローズ

d0073192_12273923.jpg開幕3連戦は阪神戦である。正直にいうと最近の神宮球場はこと阪神戦に限っていえば「どちらのチームのホーム球場」か解らなくなっていた。1塁側に阪神ファンが多くて、ちょっと近寄りがたくなってしまうカードとなっていた。

が、今年は1塁側の先行販売があったりして行くことにした。蓋をあけてみると内野席はやっぱり阪神ファンの姿が目立つ。やっぱり居づらさがあります。

試合の方は初回に新人の武内君がライトで太陽が目にはいってフライを落球して1点を失い、さらに中盤で2点を失う。どうも分が悪いなと思っていた後、なんとその武内君の3ランホームランで追いつき、9回の裏に押し出しでサヨナラという試合だった。そそ、高津が最後にでてきて、低めぎりぎりに95キロのスローカーブの後、ストレートを投げて内野ゴロゲッツーに抑えるという、高津ならではのピッチングが見られたことが観戦しての見所だった。

内野のヤクルトファンは少なかったのか、というと、まぁ思ったより居たのである。阪神ファンはレプリカユニフォームを着てきたりメガフォンを派手に鳴らす人が多いけれど、内野のヤクルトファンは、たいてい普通の格好できてグッズの類もあまり表に見せない人が多い。応援も「ここぞ」というとき意外はあまり派手にやらない。伝統的にそういうカラーである。だから全然目立たないのである(笑)

久々の観戦が勝利で終わりまずまずであった。古田がいまだノーヒットという事だけ、気になって仕方がありませんが。

写真は勝利を決めたときの外野席の「東京音頭」傘踊り。

この日の先発オーダー

1番 センター 青木 (早稲田大)
2番 セカンド 田中 (早稲田大)
3番 ファースト リグス
4番 レフト ラミレス
5番 サード ラロッカ
6番 ライト 武内 (早稲田大)
7番 キャッチャー 古田 (立命大-トヨタ自動車)
8番 ショート 宮本 (同志社大-プリンスホテル)
9番 ピッチャー 藤井 (早稲田大)

??このチーム、早稲田OB??

調子がいいのは、青木、リグス、ラロッカ。特にラロッカは打撃も良いし、守備が堅くて本職でないサードも万全。普通という状態は宮本。いまひとつというのはラミレス。未知数は武内。

2番の田中君(2年目)はまだ荷が重いか(翌日、宮本が2番に)
6番は右ピッチャーなら武内か真中、左ピッチャーなら宮出というところだが、宮出がダメなら誰、となると今の一軍登録だとちょっと解らない。

岩村の怪我が回復すると、ラロッカがセカンドに周り、田中は控えに。
あと古田が絶不調なのが気になります。
[PR]
by waki_t | 2006-04-01 14:25 | 東京ヤクルト

エキサイト以外へのリンク

エルテの日記
たまたま生活
Smiley Pancake
Okie Dokie Days

*申し訳ありません、コメントの機能を現在OFFにしています。

おしらせ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧