徒然に綴る近況ノート


by waki_t

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

2012年GW ウエスティン..
at 2012-05-27 10:00
2012年GWマウイ島にいっ..
at 2012-05-26 00:50
マリオット・コオリナビーチク..
at 2011-12-16 00:33
クリスマスツリー
at 2011-12-07 18:22
幼稚園の作品展
at 2011-11-13 17:36

検索

以前の記事

2012年 05月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 01月
2009年 12月
more...

カテゴリ

全体
ようこそ!(自己紹介)
旅行
料理
食べ物
レストラン
韓国語
東京ヤクルト
映画・テレビ
日常生活
体を動かす
浜松
スパ&スキンケア
こども
その他
出産準備
投資
MINI
未分類

タグ

フォロー中のブログ

春風 吹いたら ~韓国語...
隣の国の言葉にこがれて

タグ:バリ島 ( 7 ) タグの人気記事

最終日はSPA3時間コース

d0073192_12451540.jpg最終日は半額の部屋代を払って、部屋を午後7時まで抑えておいた。(飛行機の出発時刻は午後10時である)

午前中は美術館にいってバリの絵画をみる。ついでにちょっとお土産も買う。で、午後は旅の疲れをとるためSPA3時間コース。Legianもそうだったけど、ここもペア用の施術室になっている。さらに田んぼに向けて開放されていてとても気持ちがよい。その気持ちの良さのせいか、起きたり眠ったりを繰りして気がつくともう3時間経過していた。

早めの夕食を軽く、ルームサービスにしてもらって部屋(正確にいうと部屋にあるプールサイドのテーブル)で頂いた。バトラーのARKAさんといろいろと話す機会があった。実をいうと部屋が満室で2部屋のバトラーを掛け持ちせざるを得なかったことや、ガールフレンドとなかなかデートする時間が持てない悩みとか。(バトラーさんは担当のお客さんがいる間は朝から晩までいないといけない。)

バリ島、よかったです。やはり同じアジア人という事で居心地がよいです。インドネシアは親日的でもあり(国旗の色も影響を受けている)、大変リラックスできました。

写真はホテルのプール。
[PR]
by waki_t | 2005-08-12 12:44 | 旅行

伝統舞踊

d0073192_12434340.jpgこのホテルは専属の「部屋付き係」(バトラー)さんがついていて、どんな事も彼・彼女にお願いすることができる。今日は、キンタマーニという村(バトール山・バトール湖を望む)に行きつつ、グヌン・カウィ、ティルタ・エンプルなどお寺も3つ程回ってもらうアレンジをしてもらった。やっぱりこういうお出かけは必要だね。

午後は宿でリラックス。実は顔をみるともう私は日焼けでボロボロだった。で、嫁さんには申し訳なかったのだが一人でSPAでフェイシャルを受けさせてもらった。嫁さんも誘ったんだけど、、いいや、と。

夜は伝統舞踊をみたいとお願いしておいて、街中へ出るアレンジをしておいてもらった。レゴンダンスをはじめとする踊りをみたんだけど、外国人観光客が主な観衆。(いつも思うのだけど、旅先にはどうしてドイツ人と日本人が多いのだろう、、、、確かに国民性は良く似ているなぁ)

入場料は5万ルピア(だいたい560円)。チラシをもらうんだけど、その出し物の筋書きが書いてある。これを読んでおくと結構「物語」がわかって面白い。ウブドに泊まったら是非ひとつ見ておくべき。

遅い夕食は Cafe Lotus というカジュアルなお店に入ったんだけど今まであまり聞かなかった「フランス語」が。ここの主人はフランス人でどうやらフランス人のたまり場のようだ。食事の方はまぁそこそこ程度なんだけど、気楽でよかった。
[PR]
by waki_t | 2005-08-11 12:43 | 旅行

ライスフィールド (Ubud)

d0073192_124239.jpg
朝食をホテルのレストランでとりました。田んぼに囲まれたようにレストランが突き出していて、オープンなつくり。とてもすがすがしい気分です。夜はホテルが見えます。

昼は主にウブドの町をぶらついて主に嫁さんの買い物。ウブド村といっても中心部はそこそこ車も流れているので、ちょっと気をつけないといけません。ウブドらしいところというと、そこからちょっと先に行かないといけないかもしれませんね。

夜は Bebek Benguil という、あひる料理を出すお店に食べにいきました。このあたりの名物だということですが、わりと美味しいです。お客さんの層からすると観光客か、地元の人のちょっと贅沢なお出かけという感じですが、二人でだいたい2500円くらい、、、、。感覚的には物価は(衣・食系)3分の1くらいかな。

写真は、レストランからの眺め。田んぼをみるのがこんなに気持ちがいいとは、行く前はあまり想像できなかった。
[PR]
by waki_t | 2005-08-10 12:41 | 旅行

Ubudへ移動

d0073192_124043100.jpg
The Legian をお昼ころチェックアウトして、次のホテルの車に迎えに来てもらい Ubudへ。だいたい1時間くらいで到着。次のホテルは The Chedi Club at Tenah Gajah。ここは The Legian と同系列のホテル。広い敷地にヴィラが20室というかなりゆったりとしたところで、その長閑さや雰囲気は「由布院の旅館」のような感じさえあります。部屋は1プールヴィラという、お部屋に小さなプールがついているもの。リビングにあたるスペースは部屋の外のプール沿いにあるので、屋内はちょっと小ぶり。専属のバトラーさん(ARKAさんという方だった)がついていて、いろいろなお願いをするとアレンジをしてもらえます。このホテルでは毎週火曜・金曜にケチャダンス(わりと本格的なものです)をその後のディナーとパッケージで催していて、参加してみました。なかなかすばらしかったです。事前にストーリーを書いた紙を配ってくれるんでこれを読んでおくと踊りの場面の意味がわかってよかったです。
[PR]
by waki_t | 2005-08-09 12:40 | 旅行

Bali - のんびりのんびり

d0073192_12392563.jpg
ビーチ沿いの3泊はだいたい「ビーチでのんびり」「SPA」「買い物」を適当に組み合わせた感じで、その場その場ですることを決めていました。SPAも意外に空いていたんで、その日の朝か前の日の夜に電話をして時間をきめたりという感じです。ここにきてみてこれは「海をみながらぼぉーーっとしようかな」と思いました。ビーチ沿いにはくつろぐ為のソファにパラソルがあり、くつろいでいると写真の様な「くつろぎセット」(ミスト+冷たいタオル+冷えたお水」を持ってきてくれて、もちろんカクテルやジュースも注文をとってくれます。のほほんとできて快適。ぼんやりと眺めていると、朝は散歩をする人々(観光客に地元の人)や馬に乗る観客1組(きっと馬を貸しているところがあるのだろう)など。このホテルがあるところは、非常に静かなところでそうした様子を眺めるのが楽しくさえあります。SPAはきちんとしていて清潔でなかなか良いです。アーユルヴェータのフェイシャルやマッサージもあります。SPAでは2~3時間のコースを1回と1時間程度のを1度。極楽でした。「今年の夏休みはくつろげそうだなぁ」と思いました。
[PR]
by waki_t | 2005-08-08 12:38 | 旅行

Bali - The Legian

d0073192_12374043.jpg
Bali島旅行の1~3泊めは Seminyak地区のビーチ沿いの The Legian。少々お高い宿ではあるが、嫁さんの女性上司の強力な推薦もあって決めた。(彼女の趣味で○ならば信用できるという事。)行ってみたら部屋は2段階アップグレードされていて、かつ最も海がよく見える4階(イギリス英語式で3rd Floor)だったんで言うことないです。部屋のアメニティとして便利だったのがバリ風のスリッパとバッグとバティック生地のバスローブ。バッグはビーチ用ということだが、買い物にいくときなんかにも便利で重宝した。あと、iPodが2台あって1400曲くらい入れてあった。

さすがにいいホテルなんで、(ガルーダの)リコンファームを電話でお願いすれば航空券を預かりに部屋まできてくれるし、無料の靴磨きサービスというのもあったり、衛星版の朝日新聞は毎日届くし、と いたせりつくせり。バルコニーも広くて食事もできるし、まどろみ様ソファもあるしと言うことないです。レストランの食事もなかなか美味しくて、料理長がベトナム系の方ということで身近な味でよかったです。

写真は部屋からの眺望(4階)
[PR]
by waki_t | 2005-08-07 12:36 | 旅行

Bali へ旅たつ

d0073192_12351639.jpg
今年の夏は Bali 旅行となった。50日前くらいに突然決めた。昼休みにガルーダ系の旅行会社(事実上、ガルーダと同じ)に行って相談し、結局ここで格安航空券の「プレミアムエコノミー」がすぐOKがとれたんで抑えてもらった。(よく席が空いていたよなぁ)ビジネスクラスレベルの座席でサービスがエコノミーという奴。若干高いのだけどこれは○だったかな。

宿は最初はバリにある日本語の通じる現地旅行会社経由でトライした(なにせ安い)のだけど、満室とのこと。で、タビニというサイト(travelocityの日本版)では空いていたので(ホテルレートと同じだから)そっちでとった。仕方ないです。これは。(パックツアーの方が安いんだけどね、これなら。)行けなくなる可能性が残っていたので、「一番ギリギリまでキヤンセルが可能でキヤンセル料の安い方法」はこれだったのです。(タビニは、8月末で営業終了してしまいました)

さて、バリは時差がほとんど無い(1時間)からとても楽だった。今まではどアメリカ大陸の旅行が多かったんだけど、到着日はぼーっとして何もできないし、帰ってくればそれはそれできつい。でも、Baliだとそれがまったく無い。楽でよかったし、1日くらい得した気がする。

空港ではポーターがうるさいと聞いてたのだけど、肩透かしだった。両替所とATMはバゲッジ受け取りのそばにあります。

空港からホテルまではタクシー。出口を出たところにタクシーチケット売り場で切符を売ってくれる。行き先地域ごとに「定価」が決まっているので心配ありません。ホテルまで20~30分乗って、40000ルピー(480円くらい)。

到着すると客室から夕陽が。幸先よいスタートです。
[PR]
by waki_t | 2005-08-06 12:33 | 旅行

エキサイト以外へのリンク

エルテの日記
たまたま生活
Smiley Pancake
Okie Dokie Days

*申し訳ありません、コメントの機能を現在OFFにしています。

おしらせ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧